芯のある自分になれると、まったくブレなくなる。

自分のアイデアがいいと言われ、若干嬉しくなるときがある。 これはブレストベースの簡易的なものだけど、それでも心が晴れるような感情である。 しかし、同時に何故このような感情が生まれたのか 不安にもなった。 原因としては、 ・俺って本気で生きること…

小さくても、大きくても挑戦は尊いものです

ちょっとの勇気が人生を大きく左右するかもしれない話。 自分を変えたいとか、理想に近づくための一手として普段やらないことをやってみるということをルール設定したが、これがなかなか難しい。 ちなみに自分が設定したルールとは 「知らない人に声をかける…

変化とは何か

人によって志向が異なるが 「変化を求める」または「変化を拒む」の2極化するようだ。 自分はどちらに当てはまるか考えてみるが 結論は「変化を求めている」ことに気づいたのが最近のこと。 元々、居心地の良さを求めており、従来の繋がりや既存の枠組みで生…

街を作るものとは。

間違いなく人だろう。 人が集い、交流し、新しい価値が生まれる瞬間。 それをサポートしているのが「街」という空間であり場所である。 人を惹きつける場所とは何か。 魅力に感じるものとは何か。 人は結局、ひきつけ合うものでそれにはやっぱり空間が必要な…

自分に対して何を問うか。

課題や問題にはすべて本質となる部分があると思っている。 あらゆる情報を精査し、いかにこの答えにたどり着けるか。 これが全ての問題と捉えている。 みなさんは自分自身に、質問をしているだろうか。 なぜやるか、本当に求めているものは何か。 物事あらゆ…

物事の本質はつかめるのか・・・

とにかく仕事において、形式的な様式が横行しているように見受けられる。 説明を具体的にせず、曖昧に。ニュアンスだけ残すような。 これは、プレゼン等の説明において 所謂突っ込まれるポイントになるだろう。 どのように考えているのか どのようにやろうと…

東京に居る理由って何だろうか・・・

国立新美術館で開催中の ジャコメッティの企画展に行ってきた。 https://goo.gl/SDFLwZ アートは難しい。 何か感じるものはあるにせよ、何がいいのか どういうことなのか、言葉で表せない。 なんにせよ歯痒い。思いを言葉にできないことほど辛いものはない。…

イケテルってcoolだ。

世の中に溢れるデザインやサービス。 自分がなんで使っているか、人生の残り時間で関わり続けているか、を考えると やっぱりイケテルからに尽きる。 イケテルにも色々ある。 デザインの色使い、センスがイケテル。 コンテクストがイケテル。 ビジョンや描く…

無意識の内に、コントロールされている。

基本的に先々の予定は空いている。余裕はある。 予定とは、あくまで仮にすぎない。強制力もあれば、ないものもある。 自分の意思に従い、選ぶことが最終的にできる。 そう、すべては自由になる。 ただ唯一、行かなければならない等マストとして捉えることが…

頑張れない理由とは

物事を行う上での判断軸にモチベーションがある。 要は、自分が頑張ったかどうか、姿勢の話。 結果を左右する姿勢。または向き合い方。 結果に対する捉え方も換わってきてしまう要素になる。 頑張れない、とはどういうことなのか。 本気でいられないとはどう…

「人を変えることはできない」とは

自分の思い通り、また理想の通りにいかないことの方が圧倒的に多い。 特に人間関係。 人生とは山あり谷あり、ではなく「谷あり谷あり」である。 自分の思いを理解してほしい、 自分にとって気づきを与えてくれる存在がほしい 仲間と一緒に切磋琢磨したい 等…

仕事とは、時間の奪い合いである。

誰もが平等に持っているといわれる時間。 時間を切り盛りし社会に貢献することが、仕事。 1日の大半を使う仕事とは、まさに時間を奪い合いである。 担当や責任という名の下、 タスクを与えられ、達成することがモチベーションにもなる。 それがやりやすいと…

即行動の意味

「思いついたら即行動しよう!」 成功への近道や、条件として語られるこの言葉を どれほどの人が実行できているのだろうか。 ちなみに私はまったくできていない。 考えて、イメージが明確になって始めて行動に落とし込めている。 なぜなら創造できる、という…

人生におけるフライングは警告ではない。

朝時間ほど効率的なことはない(時間の概念で) もちろん周りの環境によるところも多いのだけれど。 (例)電話がない、静かである、時間をコントロールできる 等 上記はよくビジネス書にも書いていることなので よく目にすることもあるが、 なにより自己概…

誠実の正体

最近”この人誠実だなー”って思うことがあった。 そう感じたとき、 相手を好意的に感じたし、自分もこうありたい。と強く思うものだった。 誠実という言葉をあまり使うこともなかったけど 今後は相手に対して、”誠実であるかどうか”を判断軸に据えることも あ…

笑顔と明るさを誰もが求めている。

笑顔の効用、明るさがもたらす恩恵ってある。 物事がうまく進んだり、会話から生まれる良好な人間関係に喜びを感じたり。 嬉しいから笑う、ではなく笑いながら何かをする。 簡単なようで簡単ではないことに、日々フラストレーションを感じたりしていた。 良…

自己嫌悪の正体。

朝起きたときの倦怠感がすごかった。 自分を否定し、嫌い、何もかもやる気がなくなることがあった。 体を動かせば気持ちが変わる。とはいうものの こんな形で朝起きるというのは嫌悪感しかないもので 1日のスタートとしては最悪。 こんな生き方をしたくない…